コバヤシ麻衣子 (Maiko Kobayashi)

CV

1977年神奈川県生まれ。現在、東京に暮らし、制作を行っている。

武蔵野美術大学短期大学部デザイン科空間演出デザイン専攻の学士を取得後、ニューカッスル・アポン・タインにある英国国立ノーザンブリア大学大学院芸術社会科学研究科アートプラクティスコース修士課程を修了。

2002年、表参道画廊で開催されたグループ展で作品を展示し、近年、日本のみならず中国でも展示を行っている 。

コバヤシ麻衣子が創作する《いきもの》は、変化する時代、社会で生きるひとの葛藤、不安、希望、強さを表現する。それは、作品の支持体にも表れており、 読んだらゴミになるような新聞紙などの紙面上に描くことで、儚さ・脆さを重ねて表現している。その無力感の表現の中に、コバヤシは力強く明確な線を引く事で、生きる力・ 希望を表現する。

venenatis Phasellus sem, non quis, id, risus.