ジャック・ボセー(Jacques Bosser)

CV

1946年、フランス北西部ノルマンディー地方に位置するル·アーヴルで生まれた後、ジャック·ボッセは12歳までフランス領赤道アフリカにて幼少期を過ごす。旅行に対する情熱は幼少期すでに芽生えており、それによって得た経験はジャックの芸術への創造力を刺激することとなる。その後ル·アーヴルの藝術大学を順調に卒業。1979年、日本の戦後を代表する芸術運動の1つである ”具体”に出会い、彼らの身体表現に魅せられたジャックは作品において、身体の動きへの重要性を探求した作品を描いている。1988年、ロサンゼルスにて初めての個展を開催。

1992年から94年にかけて、外務省から授与されたローマン・ローランド奨学金を元に、ジャックはジョン・クラーブ、ジョルジョ・ルゥスと共にインドへ渡る。この渡航をきっかけにジャックの写真に対する捉え方は変わり、写真を使用した初期の試みがこの頃から観察できる。1995年から、写真と絵画、2つの異なる媒体を並列し、それを木箱上に作成する技法を試み、モデルのポーズや背景の色彩を用いながら、ジャックは少しづつ写真技術を磨いてゆく、、、

Curabitur suscipit eget elit. dictum mattis Donec id, leo.