菅野恒平 Kohey Kanno

 

1982年生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒。2004年FOILアワード入選。2008年から2016年にかけてニューヨークで活動。2017年にIMAプロジェクト主催「BEYOND 2020 #5」に選出され、アムステルダム、東京、パリにて巡回展を行う。この有望な写真家は、画像の象徴性を非常に重視している。2016年、ジャパンフォトアワードにて「Invisible Memories」のシリーズでブルーノ・ケルシュ賞、シャーロット・コットン賞を受賞。

 

菅野恒平は、私的な肖像画と象徴的なイメージを結びつける。実際、写真の多くは、特定の謎に包まれているため、鑑賞者は写真が撮影された時の様子を推測しなくてはいけない。ピエールイヴカーエギャラリーで展示される作品は、写真のグラフィックの側面だけでなく、菅野が絶えず疑問を抱く作品の美しさについて働きかけている 。

 

管野恒平のHP

Benjamin

Kohey Kanno, Benjamin, inkjet print, 59,4 x 84,1 cm, 2018

近年の展覧会

2017

  • 「Beyond2020 」 Photo Saint Germain(パリ)
  • 「Beyond2020 」IMA gallery(東京)
  • 「Beyond2020 」 Unseen Photo Festival(アムステルダム)
  • 「DIRTY 」 Manhood Gallery Space(東京)
  • 「JAPAN PHOTO AWARD EXHIBITION 」 KYOTOGRAPHIE KG+ANTEROOM KYOTO(京都)
  • 「Invisible Memories 」 BRF KOMAZAWA(東京)

2016

  • 「Slide Luck Tokyo 」 Galaxy(東京)
  • 「dix 」 Quiet Noise(東京)

2015

  • 「New Japanese Photography 」Doomed Gallery(ロンドン)

2013

  • 「Lose/You 」The Jane Hotel(ニューヨーク)
  • 「Organix:Contemporary Art from the USA, Curated by Diego Cortez, Luciano Benetton Collection」 (ベネチア)
  • 「Space Cadet Actual Exhibition #2 」Turner Gallery(東京)

2012

  • 「The Wild & The Innocent 」 Clic Gallery(ニューヨーク)
  • 「Reverberation 」 Bohemian(ニューヨーク)
Aliquam dapibus justo eleifend elementum Lorem adipiscing sit Nullam diam mi, at