オリビエ・オーブリー Olivier Aubry

 

1964年リールに生まれる

リール在住、制作

リールの美術大学卒業後、1985年からフランス、ヨーロッパのみならず世界中で様々な個展やグループ展に参加している。また、FIAC、Art Cologne、Art Paris など、現代美術フェアにも数多い作品を展示している。

2015年以来、日本の風景をテーマにして、他者から景色の描写を耳で聞き、それを描きあげるという実に特異な方法によって作品を生み出しているオリヴィエは、彼なりの手法で現代日本の目録を作り上げている。

 

オリビエ・オーブリーのHP

Rose jardin en bas

油絵、20 x 20 cm、 2019

主な個展

 

2018

  • « Etat des Lieux », Galerie Samy Kinge, パリ
  • « Koe, je te dis », Artothèque, L’inventaire, リール

2015

  • « Au-dessus, tout à fait en bas », Galerie Frédéric Storme, リール

2013

  • Galerie Von&Von, ニュレンベルク
  • « Vivarium », Galerie Van der Planken, アンヴェール

2012

  • « Vivarium », Galerie Pome Turbil, リオン
ipsum venenatis, massa facilisis mattis libero vel,