ジャック・ボセ(Jacques Bosser)

 

旅は常にジャックの創造力を掻き立て続けている。1996年のアフリカでの長い冒険はジャックに幼少期の思い出を蘇らせてくれるものとなった。翌年の1997年には、日本、韓国、台湾へも足を運び、パリジャンであるジャックの世界観を覆し、様々な未知との遭遇は更なる創造力を掻き立てる旅となった。公的だけでなくプライベートの注文もますます受けるようになり、スケールだけでなく、空間を使用し製作をもする。

 

同時期にジャックは自身が製作に使う資材にも目を向け、さらにテクニックを複雑にし始める。それと同様にジャック・ボッセの写真技術も進化して行く。彼のシリーズの« BTK » (2006), « Wax Spirit » (2007), « Sakura Viper » (2009) et « Héol » (2009)においては、写真が写真を凌駕し、絵画のような作品を生み出していることがわかる、つまりジャックは絵画のような写真を撮った、とも言えるだろう。また、写真におけるフォームの単純化や構成の研究はより鮮やかな色彩を使用することにより、ジャックの写真の強みをより引き立たせてもいる。

 

ジャック・ボセのホームページ (フランス語)

ジャック・ボセの詳しいバイオグラフィー(フランス語)

展覧会

2018

  • Galerie Rollin Pompidou(パリ、フランス)
  • Exposition collective avec Ernest Pignon-Ernest et Mark Brusse « Le Voyage Poétique » Institut du Monde Arabe(トゥーコイン、フランス)
  • Galerie La Navire(ブレスト、フランス)

2017

  • Gallery Kavachnina Contemporary(パリ、フランス)
  • Gallery Adrien / Kachvanina Paris(パリ、フランス)
  • 「Concerné par son époque」Galerie Kahn(パリ、フランス)
  • Galerie Claire Gastaud(クレルモン=フェラン、フランス)
  • 「Est temps d’Art pour L’Europe 」Parc du Lieu d’Europe(ストラスブール、フランス)
  • 「Pour un musée en Palestine 」Institut du Monde Arabe(パリ、フランス)

2016

  • Adrien / Kavachnina Contemporary(パリ、フランス)
  • Galerie La navire(パリ、フランス)
  • 「36/36 – 36 artistes fêtent les 80 ans des congés payés」 Assemblée Nationale(パリ、フランス)

2015

  • 「Corps Parés Corps Tranformés」 Musée International de la Parfumerie Grasse (グラス、フランス)
  • Context Art-Miami, Galerie Kavachnina Contemporary(マイアミ、アメリカ)

2014

  • 「Femmes」Galerie Artyfact(パリ、フランス )
  • Galerie Anne Marie Marquette(ボルドー、フランス)
  • 「Entre Les deux Jacques」Château du Val Fleury(ジフ=シュル=イヴェット、フランス)
  • 「L’origine du monde」 Galerie Jean Greset(オルナン、フランス)
  • 「Collection 5」 Galerie Claire Gastaud(クレルモン=フェラン、フランス)
  • 「Possession」MACA Perpignan(ペルピニャン、フランス)
  • 「Jacques Bosser Peintures」Galerie 28 Matignon, Paris(パリ、フランス)

2013

  • 「Charlotte Rampling Albums secrets」 Centre culturel do Brasil(ブラジル)
  • 「Anglards de salers」Château de Trémolières(アングラール=ド=サレ、フランス)
  • 「French Kiss」Hôtel de Gallifet(パリ、フランス)
  • 「Ars en Ré」Galerie Kahn(ストラスブール、フランス)
  • 「Outre-mer」Galerie Castang(ペルピニャン、フランス)
  • 「Opening Night」Artaban(パリ、フランス)

2012

  • Centre culturel Flamand, Château d’Alden Biesen(ベルギー)
  • 「Kadin」 Curator Itir Lir Tan. Get-Me Art Gallery (トルコ)
  • 「Charlotte Rampling, Albums secrets」 Maison Européenne de la Photographie(パリ、フランス)
  • Maison de la Photographie(リール、フランス)
  • Galerie La Navire(ブレスト、フランス)
  • Galerie Pierrick Touchefeu(ソー、フランス)

2011

  • Galerie Anne Marie Marquette, Le 3e œil (ボルドー、フランス)
  • 「 Insext &peintures récentes」(パリ、フランス)
  • 「Un autre Regard」Salle de la Martelle(ル・ポワレ=シュル=ヴィ、フランス)
  • 「Lineart」 Gand Galerie, Van Meensel(ベルギー)
  • 「Etre Ainsi 」Manoir de Martigny(スイス)

2010

  • 「Photo pas Photo espace Roset」, Galerie Castang(ペルピニャン、フランス)
  • Galerie Chantal Melanson(アヌシー、フランス)

2009

  • Galerie Claire Gastaud (クレルモン=フェラン、フランス)
  • Galerie Lucien Schweitzer (リュクサンブール)

アートフェア

2018

  • 「St’Art」 (ストラスブール、フランス)
  • 「Fotofever」 (パリ、フランス)
  • 「Scope Miami」(マイアミ、アメリカ)

2016

  • 「ST’ART」 (ストラスブール、フランス)

2015

  • 「St’Art Strasbourg」(ストラスブール、フランス)
  • 「a-part festival international d’art contemporain alpilles provence」(サンテティエンヌ、フランス)
  • 「art new York presented by art miami」(ニューヨーク、アメリカ)

2014

  • 「Context Art Miami 」 (マイアミ、アメリカ)

2013

  • 「Art On Paper」 (ブリュッセル、ベルギー)
  • 「St’Art 013」 (ストラスブール、フランス)

2011

  • 「Art Paris Art Fair」(パリ、フランス)

2010

  • 「Les ULIS Forum d’arts plastiquesEtre ainsi」(パリ、フランス)
  • 「Art Paris Art Fair」 (パリ、フランス)

2009

  • 「Art Paris Art Fair」(パリ、フランス)

2008

  • 「Art Paris Art Fair」(パリ、フランス)

2007

  • 「Art Paris Art Fair」(パリ、フランス)

2006

  • 「Art Paris Art Fair」(パリ、フランス)
  • 「Salon A3-ART」(パリ、フランス)

2004

  • 「FIAC」(パリ、フランス)

 

プライベートコレクション

  • Absolut (アヌース、スイス)

  • Foyer Group – Araki International(大阪、日本)
  • Axa, Boissy Gestion(パリ、フランス)
  • Expansciences(パリ、フランス)
  •  Guy Savoy(パリ、フランス)
  •  BNP Paribas(パリ、フランス)
  • Novotel(パリ、フランス)
  • EADS(パリ、フランス)
  • Senso Conrad(オーブールダン、フランス)
  • CRM Compagny(パリ、フランス)

パブリックコレクション

  • Bibliothèque Louis Aragon(アミアン、フランス)
  • Artothèque du Musée(ブレスト、フランス)
  • Musée National du Bangladesh(ダッカ、バングラデシュ)
  •  Artothèque Centre Culturel(フォス=シュル=メール、フランス)
  • Chambre de Commerce et d’Industrie Seine Estuaire(ルアーヴル、フランス)
  • Bibliothèque Nationale de France, Quai François Mauriac(パリ、フランス)
  • Hôtel de ville(モンルージュ、フランス)
  • Ambassade de France en Inde(ニューデリー、インド)
  • Préfecture de la Seine – Saint – Denis(サン・ドニ、フランス)
  • Musée de Sarreguemines(サルグミーヌ、フランス)
  • Musée de Sarajevo(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
Praesent ut commodo elit. risus sem, leo non pulvinar