ジャック・ボセ「神の息吹、日本の回顧展」2019年3月14日>4月27日

 

ジャック・ボッセは、常に二つの世界 – 写真と絵画 、 アフリカとアジア、ブルターニュの文化…人間の2つの側面(身体と精神)- これらの世界を作品を通して行き来できるように取り組み続けています。今回の展覧会において、ピエールイブカーエギャラリーはジャック・ボッセの作品にみられる日本の影響に焦点を当て、日本文化における日常に根付いた八百万の神への捉え方、人間とこれらの神が共存している目に見えない相互の繋がりに焦点を当てた作品を選択しました。交差する二つの世界観を、ぜひ展覧会にてご高覧ください。

ジャック・ボセについて詳しい情報を見る

 

venenatis, ultricies leo. luctus Praesent risus. Praesent eleifend ante. sed