グループ展 | 7月4日- 8月14日

 

 

 

日本の現代美術を専門とする唯一のパリのギャラリー、Pierre-Yves Caër Gallery は、この夏、日本における現在の芸術作品の豊かさと多様性を強調したいと考えています。

 

展示された芸術家たちは、常に伝統と現代性を混ぜ合わせた、ユニークな世界を創造した様々な作品を、夏のグループ展で紹介します。

 

釘町彰 – 中島宏行 – 川人綾 – ジャック・ボッセ – ルイ・タロン – 中村譲二 – 管野恒平 – 山上渡 – マーク・ヴァッサロー – 中里伸也-奈良祐希 – オノデラユキ-アンドッシュ・プローデル – オリビエ・オーブリー

 

ギャラリーの作家について詳しい情報を見る

felis dapibus mattis facilisis Nullam at Curabitur massa amet,