田中千智 

田中千智の絵画は死と生について、過去と現在について、夢と現実について私たちに語りかける。一方で、作品の構成、 とりわけ大きなキャンバスに圧倒的な存在感を示す余白と、濃い黒、生き生きとした色彩のコントラストは多くを語らない。ミステリアスで幻想的な子供たち、難破しそうな船、北欧の女神など、田中千智の作り出す世界は、夢から覚めた瞬間のように、鑑賞者を戸惑わせる。
田中千智は日本だけでなくアジア各地の展覧会で作品を発表している。今回の展覧会が、ヨーロッパでの初の個展となる。

主な個展

2016

  • 「田中千智展 -夜の谷を歩むとも-」Bunkamura Box Gallery(東京)

2015

  • 「NEW ART展NEXT 田中千智展-I am a Painter-」横浜市民ギャラリー(神奈川)

2014

  • 「田中千智展-もうひとつの空と夜-」小林画廊(東京)

2011

  • 「FLASH BACK NIGHT」 ギャラリー現(東京)

2009

  •  「さまようエトセトラ」九州日仏学館 (福岡)
venenatis, Donec neque. id velit, massa felis