ルイタロン

フィリピンのカガヤン・デ・オロとパリを行き来しながら制作を行っている。
フィリピンのミンダナオ島出身であるアーティストはまず経済学を専攻したが、デッサンへの情熱が上回り、UP-Diliman美術学校に入学し絵画を専攻した。

2010年には、フィリピンのフランス大使館援助によって、パリ国立高等美術学校に一年間在籍する。2011年に、彼の論文「Burning the Book」を発表し、学業を首席で卒業した。その後マニラのメトロポリタン美術館、フィリピンのバルガス美術館、またフランス、フィリピン、カナダ、シンガポールでのギャラリーにて作品を発表している。

アーティストビデオ

主な個展

2018

「Carnet Sans Âge : n°19 – Japon」ピエールイブカーエギャラリー(パリ、フランス)

2015

「Me and the Now」Xavier University Museum (Museo de Oro)、(フィリピン)

2014

「Blast Famous」The Drawing Room (マカティ、フィリピン)

risus. sem, commodo mattis dolor efficitur.