中里伸也

中里はその後、自身のペインティングのアトリエ内のインスタレーションを追求することとなる。特定のオブジェだけにフォーカスすることによってボヤけた空間を残し 、抽象的な図を作り上げる。この理想的なアトリエの中に、中里は自身がペイントしたガラスと木の板を忍ばせ、キュビズム、もしくは抽象的な印象派のような効果をもたらす。しかし、あくまでもそれらは写真であった。

2017年に中里は古いネガを利用し、それに直接ペイントすることにした。中里の大胆な筆使いは、アクセントをつけながら、写真の中のいくつかのオブジェをぼかす 効果をもたらした。鑑賞者は、家具や花瓶、筆など、中心のオブジェを認識することはできるが、 様々な素材と色の渦の中で、視点のやり場を失う。写真は絵画となったのだ。

主な個展

2016
• 「静物と抽象」 双ギャラリー (東京)
2015
•  「SUMMER」双ギャラリー(東京)
2014
• 「New Photographs」双ギャラリー(東京)
2011
• 「He said, these things themselves don’t matter at all」Soh Gallery K3(吉祥寺)
2005
• 「Modern Cave」再春館ギャラリー(高輪)
2003
• Phoenix Gallery (ニューヨーク)
• Steuben Gallery, Pratt Institute (ブルックリン、ニューヨーク)

主なグループ展

2016
• 「花/ドルチェ/問」ギャラリー・マルヒ (根津)
2011
•  「二人展」KOGEI Gallery(表参道)
2010
• 「写真三銃士展」新宿眼科画廊(新宿)
2009
• 「Octave 02」Art in Time & Style(東京ミッドタウン、六本木)
2008
• 「写真三銃士展」新宿眼科画廊(新宿)
2007
• 「写真三銃士展」新宿眼科画廊(新宿)
2006
• 「写真三銃士展」新宿眼科画廊(新宿)
2004
• Long Beach Island Foundation of the Arts and Sciences, Loveladies (ニュージャージー州)
• Chautauqua Center for the Visual Arts, Chautauqua(ニューヨーク州)
• Viridian Artists@Chelsea, (ニューヨーク)
• Limner Gallery (ニューヨーク)
2003
• Artisans Gallery, Mill Valley(カリフォルニア)
• Limner Gallery(ニューヨーク)

受賞歴
2009-10
• ポーラ美術振興財団在外研修(フランス)
2007
• キヤノン写真新世紀 第30回 優秀賞 選:榎本了壱
2006
• キヤノン写真新世紀 第29回 佳作 選:飯沢耕太郎
2004
•  功績賞National Juried Competition
The Long Beach Island Foundation of the Arts and Sciences (ニュージャージー)
2003
• First Place Award, National Juried Competition, Phoenix Gallery(ニューヨーク)
選:リリアン・トーン (ニューヨーク近代美術館 絵画・彫刻部門アシスタントキュレーター)

ut ut consectetur justo dapibus quis Donec